1: ID:xTFZScjt0

(彩さん=仮名・23歳・介護士)

3年前に祖母が亡くなり、一人暮らしをしているおじいちゃんの家を久々に訪ねてみました。

夕方だったのでお料理を作ってあげたら、「おいしい」と顔をクシャクシャにして喜んでいました。ところが、食後にとんでもないことが起きたんです。
「彩、久々におじいちゃんとお風呂に入ろうか?」
「えっ、恥ずかしいよ」
「混浴風呂だと思えばいいだろう。お願いだ! おじいちゃんは明日死んでもおかしくない。もし断ったら、一生後悔するよ」

私はおじいちゃんっ子で、目に入れても痛くないほどかわいがられました。そんな恩に報いるためにも最後は入浴しようと決心して…。

家族だからイヤらしい目で私を見るわけないと思ったけど、視線はDカップの胸に集中していました。

狭い湯船に昔みたいに2人で入ると、わざと自分の胸を私のオッパイに押し付けてくるんです。それから、背中の真ん中をゆっくりと中指で撫で始めて…。
「ああっ、そこは鳥肌立ってしまうところだから」
「性感帯まで、ばあさんと同じなのか? これが血族の運命っていうものか…」

背中をずっと触られ、呼吸が乱れたところで、乳首をペロッと舐められました。だけど、もう感じすぎちゃって、まったく抵抗できない私がいました。

湯船から上がって体を洗ってもらうと、昔みたいに「おま○こもきれいにね」と指で花びらを広げて洗われました。ヌルヌルした液体が滴るところに指を入れられたら、すぐイッてしまい…。

湯上りにはタオルで体を拭いてもらい、小学生時代を思い出します。
「ほら、おじいちゃんのアソコがこんなに元気になった。後生だから鎮めてくれ」
「一生に一度だけだからね」

かわいそうになって、私は彼氏にするように、手でしごいてあげます。
「入れたい。3年も我慢したんだ。どうにかして…」
「ダメ。近親相姦だけは無理だから。でも、お口でならいいよ。おじいちゃん大好きだからできるもん」

パクッとペニスをくわえると、お父さんと少し似た体臭がしました。舌先でカリの部分を刺激すると、タラタラッと勢いなく精液が口内に滴り落ちます。
「あっ、飲んじゃった」

笑顔でゴクンとノドを鳴らす私を見ながら、おじいちゃんは満足そうにほっぺにキスしてくれました。
(書き手・

3: ID:tO5Gi+zQ0

奈倉

5: ID:JvV4ZsQN0

柏木

6: ID:bzZuVEkt0

柏木

8: ID:JvV4ZsQN0

奈倉にしては上品すぎる

16: ID:G3S8leFT0

奈倉

17: ID:FysrIKp80

柏木

18: ID:vs3b9v8CM

これは柏木

19: ID:xTFZScjt0

(書き手・奈倉清孝)
https://wjn.jp/article/detail/6993980/
掲載日時 2019年09月16日 00時00分

31: ID:5i/VQa2tM

奈倉清孝

言うほど清く孝か?

34: ID:pQd0uv110

奈倉やろなと思ったらそうだった

35: ID:xJAQEM9cr

「ああっ、そこは鳥肌立ってしまうところだから」
「性感帯まで、ばあさんと同じなのか? これが血族の運命っていうものか…」

この辺が奈倉っぽい

39: ID:7zpKAjUf0

変な喘ぎ声がないから柏木かと思った…

43: ID:8J6JLyXPa

もう最近どっちか全然わからんのやが

44: ID:LV8Nrx/J0

作風変えてきてるな

51: ID:EY+Abcol0

パクッとペニスをくわえると、お父さんと少し似た体臭がしました。

???

52: ID:XEmIY88z0

ジジイの言い回しが奈倉以外ありえへん
ドスケベ老人ホームへようこそ

53: ID:XSxSTpLS0

敬老の日にジジイの醜態をアップするなんて

引用元: http://swallow.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1568559767/
おすすめの記事